量的金融緩和政策とは

こんにちは!普通の会社員のマコです

お金の勉強してたら、「量的金融緩和」って言葉が出てきました

「金融緩和」は金利を下げる政策なんだなってなんとなく分かるけど

そこに「量的」って言葉が追加されて、「どういう意味だよ?」って疑問が湧いたので記事にしてみました

  • 量的金融緩和政策って何?
  • 金融緩和政策との違いは何?

上記の疑問について記事を書いてみました!

量的金融緩和政策とは

簡単に説明すると、

世の中に出回るお金の量を増やし金利を引き下げ、経済の活性化を図ろう

とする金融政策のことです

具体的な手段としては、主に日銀が銀行から国債などを買い取るといった方法があります

銀行は日銀が国債を買い取ってくれるので、資金が潤沢になります

その資金を預けて眠らせておくより低金利でも個人や企業に貸し付けて、さらにお金を増やした方がよいと考えるので、結果として個人や企業にお金が回ります

個人や企業にお金が回れば、住宅の購入や新たな事業、設備や人材にお金を使いやすくなり経済活動が活発になります

デフレや経済停滞期にこの量的金融緩和政策を行えば、効果が発揮されるといわれています

金融緩和政策との違い

金融緩和政策と量的金融緩和政策どちらもデフレや経済停滞期に行われ、経済の活発化を狙いとして行われます

また、日銀が銀行から国債などを買い取るといった方法も同じです

何が違うかというと

金融緩和政策はある一定の金利水準になるように行われるのに対し、

量的金融緩和政策は世の中に出回るお金の供給量を目標にして行われます

「量的」って言葉が付いている通り、お金の量を増やそうってことですね!

金利の水準を引き下げるのにも限界があるので、金利の水準ではなく世の中に出回るお金の量を増やすことを目的にした比較的新しい金融政策が「量的金融緩和政策」です

量的金融緩和政策は、一般的に日銀が国債などを買い付ける傾向がより高くなります

まとめ

量的金融緩和政策とは、

世の中に出回るお金の量を増やし金利を引き下げ、経済の活性化を図る金融政策のことです

具体的な方法として、日銀が銀行から国債などを買い取ります

通常の金融緩和政策と違い金利の水準ではなく、世の中のお金の供給量を目標にして政策が行われます

以上、参考になったら嬉しいです

これからもお金の知識や、資産5000万円貯めるまでの過程を発信していけたらと考えています

よろしくお願いします🙇

コメント

タイトルとURLをコピーしました